レベル1/12フォードマスタングGT ’65の制作 その5 ボディー塗装

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ 
またまた10日以上更新が滞りましたけど見逃してください、6月26日が定年退職日で、その前後は色々ドタバタしていましたので。

新卒で入社した会社に41年間も勤めてしまいました。結構自分勝手に仕事してきましたが、自分が好きだった分野を任されてきましたので、まあ幸せな勤め人人生だったと思います。

退職後は自由時間も増えるはずですが、今まで模型工作は仕事で疲れた頭をリセットする役目もあったので、その箍(たが)が外れてしまうと、逆にモチベーションが下がる可能性もある。

どうなるかは自分でもわかりません。

 

わずかに進んだ工作はこんな感じ。

トランク部分には何もパーツがないので・・・、

プラ板でこんなのを作りました。
これで少しはましになる。

この中に燃料タンクや燃料ポンプなどを収めると面白いんでしょうけど、今回は省略。

 

ところでボディーが変にムラになってるのが情けない。

今回は白の上に「キトンブルーパール」を吹いてみたんですが、厚みによって色合いが変わ り、非常に難しい。
光の当たり方によってきれいなパール感が出るものの、パーツごとに塗ろうとすると厚みのコントロールがやりにくいのでどうしてもムラになってしまう。
比較的小さい一体型のボディーなら何とかなるんでしょうが、今回はあきらめて別の色にします。
こちらはボンネットダンパー。

中の構造はフェラーリ275GTBで作ったものとほぼ同じです。

レベル1/12フォードマスタングGT ’65の制作 その5 ボディー塗装

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ