スカイラインヨンメリ シャコタン仕様の制作 その2 窓枠塗装など

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ 
(2022/09/10)

ポイント6 窓枠塗装

ボディーを研ぎ出したあと、窓枠を塗ります。

今回は同時並行のクレスタでもトライしたスターブライトシルバー(写真右)を使います。

光る窓枠をどう仕上げるかですが、方法は大きく塗装かシールかに分けられます。

○塗装の場合

 ・メッキ調塗料・・・色々な種類がある。とても美しいが塗膜が弱いものが多い。高価

 ・ラッカー系メタリック塗料(今回使うもの)・・・光り方はやや落ちるが、塗膜が丈夫。供給も安定している

○シールの場合

 ・糊付き金属箔・・・良く光る。比較的貼りやすい。完成後に傷が付きやすい。供給が安定していない

 ・伸びる蒸着樹脂シート・・・ハセガワのミラーフィニッシュに代表される。光り方は一番だが、やや切りにくく貼りにくい

 

こちらは糊付き金属箔 の例。昔のメタルックに近い。現在は絶版。
一方こちらはミラーフィニッシュタイプ。

個人的には光りすぎて、あんまり好みではない。

///////

こんな風に、窓枠などを光る仕上げにしたい場合の決定版ってなかなかないなあと感じます。

また、どの方法にしろ作業は結構大変で、カーモデルを作る際のネックになっている。

最近は窓枠部分がメッキ仕上げの別パーツになっているキットも見かけるようになりました。とても良い試みだと思います。

とは言ってもほとんどのキットはそうなっていませんから、何とかするしかない。

今回はラッカー系メタリック塗料を使うことにしたので、頑張ってマスキングしてこんな風になりました。

メッキモールの内側は半つや消し黒も塗らなくてはならないので、作業はとても大変。

でも頑張ればそれなりのリターンはあります。
こちらはタミヤのペイントマーカーで仕上げたものですが、明らかに 今回の方が感じが良い。
光る窓枠・・・それは「銀」ではなく「鏡」。

極端に自己主張してはいけないんじゃないかと思ってます。

その意味でも、右は窓枠ばかり目立ってしまい、好きじゃありません。

スカイラインヨンメリ シャコタン仕様の制作 その2 窓枠塗装など

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ