1/12GT-Rの組み立て その5 ボディーの仕上げ

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ 
ああ、早く塗装したい、と思いながらも、まだボディー回りでやることは多いです。

内装はこんな感じで妥協。

こうやって見える部分がそれっぽくなっていればいいや。
続いてこんな部品をプラ板から作成。

牽引フックです。

後ろはこんな感じ。
ノーズの方は、リップスポイラーに孔を開けて取り付け。
裏から見るとこうなってます。
本当にこうなのかは、よくわかりません。

資料本を見てみると・・・、

カルソニックがこうなので、共石もまあ似たようなものだろうと思って のことです。

ここも気になっちゃいました。

ヘッドライトの反射鏡部分が実車とは全く違う造形になってます。

 

とは言っても、できてしまうと容認できない範囲でもなさそう。
このままスルーする判断もあるのですが、せっかくですからやるところまでやってみよう。

失敗したらなかったことにすればいいので。

・・・とまあこんな風に進めていき・・・、
このあたりでメッキ調塗装をしてみる。

ちなみにこれは「プロ目 前期型」をイメージしてます。その他「プロ目 後期型」もあるし、GR-Aのレプリカの中には「角目」もあるようですが、おそらく実車はほとんどが「プロ目 前期型」じゃないかと思うので。

ふーむ・・・。
うーん・・・。
前より良くなったと信じることにします。
なお、キットのレンズカバーはこうなってます。もう滅茶苦茶。

でもここの半球状の部分を削って、反射鏡の方にプロジェクターレンズを仕込む所まではやらないつもり。

もし失敗したらすべてがおじゃんになりそうなので。

ボディー塗装の前の最後の作業が、リアのトランクフック。

フロントのボンピンのように作り直しになってしまうと、その影響でボディーに何か手を入れざるを得ない可能性があるので、今のうちに確認します。

でもこっちはまあまあの出来。またトランクを開閉させるわけでもないので、本物のような動きも不必要。

というわけで、ちょこっとだけいじります。
この後は、黒を吹いてメッキ調塗料を塗ればOK。

足を切って接着すればいいので、ボディーには手を入れる必要もなさそうです。

 

いよいよ塗装です。
ボディーの持ち手には、前回マルイのイオタを作った時のものを使いましたが、ちょっと小さくてやりにくかった。
回している最中に角を塗装ブースにぶつけたりしながら、何とか半日(日曜日)かかって終了。

疲れました。

でも軽くパーツを合わせてみると、疲れも吹き飛ぶ。

1/12GT-Rの組み立て その5 ボディーの仕上げ

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ