ROSSO カルソニック・スカイラインGT-Rの制作 その4 エンジンの仕上げなど

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ 
(2020/11/20)

エンジンの方を片付けてしまいます。

まずは本体。アクセルリンケージやプラグコードなどもそれっぽくでっち上げました。

ラジエターやタワーバーを接着。
残った補機類を取り付け。

もっと作り込みたい気持ちもあるけど、このあたりで許してやる。

 

ボディーをかぶせてみます。

 

これらの作業に大体一週間かかりましたが、とても辛かったです。

理由はもちろん小さいから。

パーツを接着したりパイピングを行う際、目ではよくわからないので手の感触で作業する場合もありました。

ただこの写真では小ささが良く伝わらないので・・・、

”これみよがし”にペットボトルのキャップを横に置いてみました。

(今まではマッチ棒を使っていましたが、もしかしたら若い人はマッチ棒を見たことないかもしれないと思って)

ではボディーに戻りましょうと、デカールを貼った上にクリアーを軽く吹いてみたらこうなりました・・・泣きそうです。
上はボンネット、右は屋根です。ドア のゼッケンも同じような感じ。

原因について考えてみました。

・ひび割れたのは黒いゼッケンナンバーのみ

・ここはまず白いデカールを貼った上に数字を重ねる手順

・そもそもこのデカールが作られたのは30年近く前

であることから、原因は何となく推定できます。

 

 

何れにせよここは手直ししなければなりません。塗装でタッチアップします。
まだ作業途中ですが、力技で何とかします。

ROSSO カルソニック・スカイラインGT-Rの制作 その4 エンジンの仕上げなど

 次の工程へ   前の工程へ   工作机INDEXへ