シティターボ & ターボ2ブルドッグ、その5 モトコンポとフィギュア

 前の工程へ   工作机INDEXへ 
4ヶ月ほど中断していましたが、残されていた 工作に戻ります。

シティターボはこんな風に制作。いくつか部品を自作しました。

なお、デカールは結局購入していたキットのものを使用。

デカールをスキャンして自作すればこのキットには手を付けずに済みましたが、せっかく頂いたモトコンポを改造したのなら、ちゃんとしたデカールを使ってあげたいと思いまして。

と言うわけでできました。
目立つ修正はブレーキレバーとワイヤーでしょうか。
モトコンポを引き立たせるため、女の子のフィギュアも作りま す。

手などの一部は既存のフィギュアからおゆまるで型を取って複製しましたが、それ以外はほぼ自作です。

ヘアスタイルも80年代のアイドル風(※)にしましたが、まだ修正が必要です。

※80年代前半にデビューした早見優・松本伊代・石川秀美・・・などをイメージしています。

なおこのページは「ゆ・れ・て湘南」を聴きながら見ていただければ・・・。
あ、どうでもいいんですけど「ゆ・れ・て湘南」って「太陽戦隊サンバルカン」のテーマと結構似ているなと思うんですよね。そう思うのは私だけかもしれないけど。
ちなみにサンバルカンの方が先です。

 

それにしてもこういうフィギュア、もっと上手にもっとスピーディーに作れないものか・・・。

3Dでモデリングするスキルはないから粘土細工になるわけですが、市販のものに比べてあまりにも下手すぎるのが自分でも悔しいです。

 

それからポーズをちょっといじったり、髪の毛を修正したりしながら進めていきます。
ある程度できてきたフィギュアをバラバラにします。
もちろん複製を作るためです。

 

おゆまるで型をとって、タミヤのエポキシパテを埋め込むとこんな感じ。
複製を接着して、隙間を埋めて、ある程度手を入れたのがこれ。

正直言ってあまり気に入ってはいないのです。おゆまるなので上手く成型できないところが多々あるし、マスターの出来も今一つ。

そこで、

マスターを修正 → 再度おゆまるで型を作る → パテを埋め込む → やっぱり気に入らないのでマスター修正

の無限ループに入ってしまいました。

でも作ったこれらは無駄にはしません。少なくとも3〜4人は塗装まで持って行こうと思います。

シリコン注型を覚えればはるかに歩留まりは良くなるんでしょうけど、その技法を覚えるのは来年だな。

手足をくっつけてサフを吹きました。ちなみに一人だけ白っぽい子がいますが、彼女がマスターです。

ここまで進めて、また手が止まってしまいました。

理由はやっぱり出来が良くないこと。

モトコンポの添え物として、ただそこにいればいいや・・・程度の気持ちで始めたものの、自分の中の合格ラインに達していないと寝覚めが悪い。

出来が良くないと感じる理由は今の段階では二つ。

一つはマスターの問題。

二つ目は複製精度の問題です。

そこでマスターはもう一段仕上げレベルを上げてみます。

続いて複製の問題です。

 

・・・と言いながら、それとは全然関係なさそうなキットを取り出しましたが、話は後で繋がりますので、しばらくおつきあい下さい。

 

来年の静岡のGARAGE24のお題は「GTとフィギュア」なんですが、今回作っている「80年代前半アイドル風女子」を来年のお題に活用することも考えたい。

そうなるとケンメリ(ヨンメリ:1972年〜1977年)は、まあ年代的にそんなにずれていない。

大滝のこのシリーズには初代ソアラ(1981年〜1986年)もありまして 、時代的にはドンピシャ。
実はソアラもあります。

どちらも昔「パズー親方」からいただいて、大滝好きの私には何よりのプレゼントでした。

ただソアラの方は箱がなく、パーツが完全に揃っていない。

リアタイヤがなかったんですね。

でもボディーはなかなか良く出来ていて、こんなにデフォルメされているのに、しっかりソアラに見えます。

話を戻します。

簡易複製を作る時、おゆまるにパテを押し込んで作るとどうしても上手く行かないことが多いので、精度を上げる方法はないかと考えUVレジンを試すことにしました。

そのための練習も兼ねて、タイヤを複製してみます。

キットのタイヤ(スカイラインのもの)からおゆまるで型を作り、UVレジンを流し込んで固めます。

 

こんな風になりました。
内側が空洞なので、パテを押し込みます。
サフを吹いてみます。

冗談みたいに上手く行きました。

側面の刻印も結構きれいになってます。

これでソアラが作れます。

よし、この方法でフィギュアも!とやっているんですが、なかなか上手く行きません。

理由はいくつかありますが、まだまとめて説明できる段階ではありません。

何れにせよ複雑な形状のものを複製しようと思ったら、素直にシリコン&レジンの技法を覚えろってことでしょうけど、このサイトを見ている人の多くにとって参考になるのは

・金をかけずに

・気軽に

複製が作れる技法だと思うので、もう少しじたばたしてみます。

 シティターボ & ターボ2ブルドッグ、その5 モトコンポとフィギュア

 前の工程へ   工作机INDEXへ